Top / Java / Pingアプリケーション

コンテンツ一覧


とりあえず

いままでかじってきた知識やプロダクトを使って、なんかアプリを作ってみることにしました。とりあえず、このWikiを更新したときに自動的にPingサーバにPingを打ってくれるアプリケーションを作ってみようと思います。

アプリケーションの仕組みとしては、

  • ある時間間隔で、自サイトのRSSフィードが更新されているかをチェックして、更新されているページがあったら、そのページの情報を指定されたPingサーバにPingをうつ

といった単純なものです。このアプリケーションには以下のプロダクト、テクノロジが使われています。

  • RSS(自サイトのRSSフィードを読込み、解析する)
  • XML-RPC(PingサーバにPingをうつ)
  • Hibernate(すでにPingをうってあるフィードを格納しておく)
  • MySQL(そのデータを格納しておくRDBMS)
  • Spring(DIコンテナとして)
  • XDoclet(web.xml,spring,などのDD生成)
  • JBoss(J2EEコンテナ)
  • Eclipse+WTP(開発ツールとして)

機能要件

機能要件をもう少し落とし込むと

  • Pingを打つためのPingクライアント
  • 自サイトのRSSフィードを読み込むReaderクラス
  • RSSフィードをチェックして、更新されていればPingを打つUpdaterクラス
  • 更新を一定間隔で行うためのスケジューラクラス
  • スケジューラを起動するコントローラ

などが必要になります。また「更新されていれば」というのは、今までPingを打った更新情報をRDBMSに保持しておいて、現在のRSSフィードとデータベースの内容を比較し、RSSフィードにしかない情報があったら、それを「更新されている」とみなすことにします。

モデリング

機能要件をもとにUseCase?をすっ飛ばしてクラス図を書いてみました。

EA6.png

まあ、こんな感じで行けるでしょう。

それぞれの記事へ


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 5  
そうでもない 9  

Top / Java / Pingアプリケーション

現在のアクセス:10252


添付ファイル: fileEA6.png 985件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-31 (土) 17:46:41 (4102d)