Top / AWS / EC2で最速でTomcatサンプル起動

さくっと疎通のためのサンプルWEBアプリを立ち上げたいときなど、EC2はやっぱり便利ですね。EC2を用いて、JavaいれてGitいれてMavenいれてSpringBoot?のWEBアプリ(Tomcat)を立ち上げるまでの手順をまとめておきます。さすがにすでにEC2は起動してある状態で始めます。。。

使用したAMI : Amazon Linux AMI 2017.09.1 (HVM), SSD Volume Type - ami-ceafcba8

SSHでログイン

# chmod 600 ~/Downloads/test001.pem    ← 初めて使用するときだけ。使用する秘密鍵は600で。
# ssh ec2-user@ec2-54-250-68-125.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com -i ~/Downloads/test001.pem
(サーバ名は適宜。。)
[ec2-user@ip-xxx ~]$

Javaのインストール。

http://www.masatom.in/pukiwiki/Java/TIPS%BD%B8/#h783f118 ココに整理済み。

$ wget --no-check-certificate --no-cookies --header \
 "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" \
 http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u161-b12/2f38c3b165be4555a1fa6e98c45e0808/jdk-8u161-linux-x64.rpm
$ sudo rpm -Uvh jdk-8u161-linux-x64.rpm
$ sudo alternatives --config java
$ export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.8.0_161

$ javac -version
javac 1.8.0_161
$ java -version
java version "1.8.0_161"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_161-b12)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.161-b12, mixed mode)
$

OKそうですね。 ちなみに最新のJavaを取ってきたい場合は、こちらから。。http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

Mavenのインストール。

$ sudo wget http://repos.fedorapeople.org/repos/dchen/apache-maven/epel-apache-maven.repo -O /etc/yum.repos.d/epel-apache-maven.repo
$ sudo sed -i s/\$releasever/6/g /etc/yum.repos.d/epel-apache-maven.repo
$ sudo yum install -y apache-maven
$  mvn --version
Apache Maven 3.5.2 (138edd61fd100ec658bfa2d307c43b76940a5d7d; 2017-10-18T07:58:13Z)
Maven home: /usr/share/apache-maven
Java version: 1.8.0_161, vendor: Oracle Corporation
Java home: /usr/java/jdk1.8.0_161/jre
Default locale: ja_JP, platform encoding: UTF-8
OS name: "linux", version: "4.9.76-3.78.amzn1.x86_64", arch: "amd64", family: "unix"
$

OKそうです。

Gitのインストール

yumでサクッと。

$ sudo yum install -y git
$ git --version
git version 2.13.6
$

OKですね。

SpringBoot?のサンプルダウンロードと実行。

http://www.masatom.in/pukiwiki/Spring%20Boot/TIPS%BD%B8/#l487eaf6 を使います。

$ git clone https://github.com/spring-projects/spring-boot.git
$ cd spring-boot/spring-boot-samples/spring-boot-sample-tomcat/
$ cat src/main/resources/application.properties
server.port=8081  <- ここに記載するとポート番号を変更できる。デフォルトでは記載なく8080ポートで上がります。

$ mvn spring-boot:run

起動したら別のコンピュータからアクセスしてみます。

# curl ec2-54-250-68-125.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com:8081
Hello World
#

OKそうです。あ、ちなみにセキュリティグループは、ポート8081はあけておきましょう。↓シンプルにsource IP全部OKにしているけど、ちゃんとIPは絞った方がよいですが。

01.png

この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  
  • ポート8081にしてるとこは特に意味はないです -- きの? 2018-02-13 (火) 12:49:52

Top / AWS / EC2で最速でTomcatサンプル起動

現在のアクセス:978


添付ファイル: file01.png 154件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-15 (木) 20:41:06 (556d)