Top / Google Apps Script

Google Apps Scriptは、Google Sheets や Gmailなどをスクリプトで操作することができる、サーバサイドのスクリプト環境です。 「Google Driveのスプレッドシートの保存をトリガーに処理を実行する」など、基本的にはGoogleサービスを拡張する機構です。 ただ、他のサーバへRESTアクセスしたり、時間起動で処理を起動できたりなど、使い方によってはAWS Lambdaみたいな使い方ができそうです。

コンテンツ一覧

やってみる

つかいかたですが、Google のSpreadSheet?などからスクリプトエディタを起動するいわゆるVBAぽいやり方と、独自にスクリプトファイルをつくるやり方があるっぽいですが、まずは前者でよいでしょう。

SpreadSheet?上で、ツール >> スクリプトエディタ を選択することでエディタが起動します。

01.png

エディタが起動したら、

function myFunction() {
  Logger.log('Hello world');
}

などと記述して、▲ボタンをクリックすると、メソッドが実行されます。実行結果はコンソールというかログのエリアにでるようで、表示 >> ログ で表示されるダイアログに以下のように表示されました。

02.png

関連リンク


FrontPage
現在のアクセス:605


添付ファイル: file02.png 150件 [詳細] file01.png 156件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-25 (土) 15:11:13 (846d)