Top / GitHub / リモートのリポジトリをローカルに作成する

GitやGitHubのコマンドを学習中に、他人に迷惑をかけずにおもいきりいろいろためしてみたいときがありますよね。また、ネットにつながらない環境でも git push とかリモート系のコマンドをいろいろためしてみたいとかもあります。 そんなとき、下記のようにするとリモートのリポジトリをネット上にもつのではなく、ローカルのディレクトリ上に作成して作業することができます。

リモートのリポジトリをローカルのディレクトリに作成して、そこを参照するローカルブランチを作る

リモートのリポジトリを作成

$ mkdir gitserver && cd $_
$ git init --bare --shared ./hello.git
Initialized empty shared Git repository in /Users/xxxxxx/gitserver/hello.git/

ローカルにクローンする

$ cd ../git/
$ git clone ../gitserver/hello.git/
Cloning into 'hello'...
warning: You appear to have cloned an empty repository.
done.

中身を見てみる

$ cd hello
$ git config --list
remote.origin.url=/Users/xxxxxx/git/../gitserver/hello.git/
$

所定のローカルのディレクトリをoriginとして参照している環境が構築できたっぽいです。一応 pushまでやってみます。

$ touch README.md && git add README.md && git commit -m 'first commit'
[master (root-commit) 324f171] first commit
 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 README.md
$ git push origin master
Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 216 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To /Users/xxxxxx/git/../gitserver/hello.git/
 * [new branch]      master -> master
$ git branch -vv
* master 324f171 [origin/master] first commit
$ git branch
* master
$

OKそうですね。。

関連リンク


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  

Top / GitHub / リモートのリポジトリをローカルに作成する

現在のアクセス:404


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-04 (土) 20:36:43 (892d)