Top / Eclipse / CVSのDiffをつかう

コマンドラインでCVSのdiffをやったときとEclipseをつかってやったとき、あとAntのtagdiffでやったときの違いを確認しました。

まずはAntのtagdiffとコマンドラインのCVSの確認

  • build.xml
    <target name="cvs.tagdiff" depends="init">
      <cvstagdiff destfile="tagdiff.xml"
          package="${cvs.name}"
          startTag="${cvs.startTag}" endTag="${cvs.endTag}" />
      <style in="tagdiff.xml" out="tagdiff_${cvs.name}.html" style="tagdiff.xsl">
        <param name="title" expression="${cvs.name} Diff Document" />
        <param name="module" expression="${cvs.name}" />
        <param name="cvsweb" expression="${cvsview.url}" />
      </style>
    </target>
  • cvs.properties
    cvs.name = CVSSamples
    cvs.startTag = Root_V20070320_01_BRANCH
    cvs.endTag =   V20070320_01_BRANCH

これを実行すると以下のCVSのコマンドが発行されました*1

cvs rdiff -s -r Root_V20070320_01_BRANCH -r V20070320_01_BRANCH CVSSamples

Eclipseで同じオペレーションは、、、

eclipse.png

この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 1  
そうでもない 0  
  • 関係ない話だけどEclipseでCOしてきたファイル、CVS関連のファイルがCR-LFになってて、cygwinのCVSだと読めないみたい。。。LFにしたら読めた(´д`;) -- きの? 2007-04-18 (水) 11:01:44

Top / Eclipse / CVSのDiffをつかう

現在のアクセス:9739


*1 Eclipse上でやったらCVSコマンドが見られた

添付ファイル: filecvs.properties 377件 [詳細] filebuild.xml 349件 [詳細] fileeclipse.png 511件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-18 (水) 11:01:45 (4512d)