Top / Eclipse / プラグイン開発のTIPS集 / Eclipseの内部構造をのぞき見る

Plugin SpyというEclipseの内部構造をのぞき見る機能。

EclipSKY200902でこんぴろさんから教わったこと。むかしあったSpiderみたいな、Eclipseの内部構造を表示するショートカットキーが、Eclipse3.4から標準搭載されているようです。

Eclipseを開いている状態で「ALT + Shift + F1」を押下すると以下のようなウィンドウが表示されます。

pluginspy.png

ActiveなShellとか、ActiveなPart(<-ビューとかエディタとか)、またSelection状態のインスタンスの型*1などの情報が取得できます。Selection状態の型が取れるのはかなりアツイですね。

こんぴろさん、感謝!!

Macでは

Macではなぜか、デフォルトのキーバインドでは動かなかったようで、Cmd+Shift+1に変更して対応しました。

mac.png

この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 1  
そうでもない 2  

Top / Eclipse / プラグイン開発のTIPS集 / Eclipseの内部構造をのぞき見る

現在のアクセス:6604


*1 これ、すげーいい!!いっつもデバッグ文で、選択されてるインスタンスの型はなんだーってやってたっ

添付ファイル: filemac.png 570件 [詳細] filepluginspy.png 599件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-21 (金) 18:58:48 (3677d)