Top / WebSphere / Ver.4.0JSPの変換後のJavaソースコードを残す方法

WAS4.0:JSPの変換後のJavaソースコードを残す方法

資料作成日(資料更新日):2001/09/14(2001/09/14)

内容/目次>: WAS4.0では、JSPのコンパイル済みコードは <WAS_ROOT>/temp 以下のサブディレクトリーに作成されますが、デフォルトではJavaソースコードは残されません。ソースコードを残すためには次のいずれかの方法をとる必要があります。

[AATでの編集] アプリケーション・モジュールあるいはWebモジュールの作成で Webモジュール > アセンブリー・プロパティーの拡張機能 > JSP属性 > 右クリック 新規作成で次のように入力します。 名前: keepgenerated 値: true 以上の設定で保存し、earファイルを作成し、デプロイしなおします。

[ibm-web-ext.xmiの編集]

WAS_ROOT>/installedApps の .ear, .war ディレクトリーの下の WEB-INFディレクトリー下のibm-web-ext.xmi を編集し、<webappext: >タグの下に次の一行を追加します。

jspAttributes xmi:id="JSPAttribute_1" name="keepgenerated" value="true"/>

WAS3.5以前の設定についてはこちらを参照してください。

添付資料>:

http://www-6.ibm.com/jp/domino01/mkt/websphere.nsf/doc/0012E2AC


現在のアクセス:8830


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2003-11-19 (水) 00:54:17 (5840d)