Top / Struts / TilesのTIPS集

Tilesの属性をimportする

<tiles:importAttribute name="app.name" scope="request" />

とすると

<bean:write name="app.name"/>
(ようするにrequest.getAttribute("app.name");)

とできるようになります*1

<tiles:useAttribute name="app.name" scope="request" />

もほとんど同じですが、useAttribute はスクリプティング変数の定義も行うところが違いです。

他のTilesのDefinitionを呼び出す。

<definition name="kino.tiles.javaDocumentSearch" extends="layoutBase">
  <put name="app.name" value="JavaDocument Application" />
  <put name="body" value="/javaDocumentSearch.jsp" />
  <put name="menubar" value="kino.tiles.othermenubar" />
  ↑このような他のTiles定義を呼び出すこともできます。
</definition>

この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 31  
そうでもない 56  

Top / Struts / TilesのTIPS集

現在のアクセス:16950


*1 importAttribute はinclude元でやる必要があります。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-16 (月) 11:51:39 (245d)