Top / SWT / MenuBarの使い方

メニューバー

03.png

MenuBarはいわゆるウィンドウの上部のメニューバーです。

04.png

まずはルートメニューを作成しておく

menubar = new Menu(shell, SWT.BAR);
shell.setMenuBar(menubar);

つぎに各メニューの作成。

// まずは表示されるメニューを作成。
MenuItem tool = new MenuItem(menubar, SWT.CASCADE);
tool.setText("ツール(&T)");
Menu toolMenu = new Menu(tool);
tool.setMenu(toolMenu);
// 作成完了

// 各項目の表示
MenuItem logInit = new MenuItem(toolMenu, SWT.NONE);
logInit.setText("ログ設定読み込み(&R)");
// 各項目の表示 完了。

// 各項目の表示
MenuItem option = new MenuItem(toolMenu, SWT.NONE);
option.setText("オプション(&O)...");
// 各項目の表示 完了。

ポップアップメニュー

ポップアップメニューもメニュークラスを使用します。

05.png
popupMenu = new Menu(shell, SWT.POP_UP);
classesTable.setMenu(popupMenu); <- classesTableはメニューを追加したいWidget

//右クリックメニューの1要素を作成
openJavaDoc = new MenuItem(popupMenu, SWT.NONE);
openJavaDoc.setText("JavaDocを開く");

openJ2h = new MenuItem(popupMenu, SWT.NONE);
openJ2h.setText("Java2HTMLを開く");

この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 8  
そうでもない 1  

Top / SWT / MenuBarの使い方

現在のアクセス:8884


添付ファイル: file05.png 780件 [詳細] file04.png 747件 [詳細] file03.png 641件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-06 (水) 16:22:18 (800d)