Top / Linux / NFSを使う

NFSサーバ側

設定

[root@server1 etc]# view /etc/exports
/home/project   192.168.10.0/255.255.255.0 (rw,no_root_squash)
[root@server1 etc]#

no_root_squashはrootでも書き込めるという意味みたいですが、実際の運用時はセキュリティ上やめておいた方がよいでしょう。

サービスの起動

[root@server1 etc]# service nfs restart
NFS mountdを終了中:                                        [  OK  ]
NFSデーモンを終了中:                                       [  OK  ]
Shutting down NFS quotas:                                  [  OK  ]
NFSサービスを終了中:                                       [  OK  ]
NFSサービスを起動中:                                       [  OK  ]
NFSクォータを起動中:                                       [  OK  ]
NFSデーモンを起動中:                                       [  OK  ]
NFS mountdを起動中:                                        [  OK  ]
[root@server1 etc]#

NFSクライアント側

マウント方法

あらかじめ/projectは作成しておきます。
[root@client1 root]# mount -t nfs 192.168.10.3:/home/project /project

で「サーバ側の/home/project がクライアント側の /project」にマウントされます。

起動時自動でマウントするには、/etc/fstab に

192.168.10.3:/home/project     /project      nfs    defaults        0 0

としておきます。


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 1  
そうでもない 0  

Top / Linux / NFSを使う

現在のアクセス:5789


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-31 (火) 08:49:12 (3880d)