Top / Java / Jenkins / TIPS集

ローカルのプラグインをインストールする。

wget http://localhost:8080/jenkins/jnlpJars/jenkins-cli.jar

でクライアントのコンソールアプリをダウンロードしておいて、

java -jar jenkins-cli.jar -s http://localhost:8080/jenkins/ install-plugin  D:/hoge/projectName/target/fugafuga.hpi

などでローカルのhpi プラグインをインストールできる。

参考:

Jenkinsのコンテキストパスを変更する

少なくとも http://jenkins-ci.org/ のやり方でCentOSへインストールされた環境について、設定は

/etc/sysconfig/jenkins 

で管理されている。

# tail /etc/sysconfig/jenkins 
JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins"

ってprefix指定をすることで

http://localhost:8080/jenkins/

で起動することができました。*1

ちなみにJENKINS_ARGSに指定できるパラメタは

# java -jar jenkins.war --help

で閲覧可能です。

Jenkinsにコンテキストパスを設定する - CAT EARS

関連リンク


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  
  • Artifactプラグインはあくまで保存された成果物を見るプラグインであってbuild時にストアされたファイルを見るプラグインじゃないのか。。 -- きの? 2014-11-27 (木) 17:28:31

Top / Java / Jenkins / TIPS集

現在のアクセス:2009


*1 もちろん /etc/init.d/jenkins restart を忘れずに。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-25 (金) 13:16:54 (1515d)