Top / Eclipse / プラグイン開発のTIPS集 / OSGiのコマンドラインを使う

Eclipseはプラグインの起動、停止や動的追加などに、OSGi(Open Services Gateway Initiative) というフレームワークを用いています。

あんまりメリットを理解していないのですが、このOSGiのコマンドラインを起動する方法があったので、メモっておきます。

コマンドラインの起動

Eclipse内でEclipseを起動するときに、プログラム引数に

-console

を付けて起動します。するとコンソールに

osgi>

というプロンプトが上がったはずです。

run.png

プラグインのリスト、起動状態を表示する

osgi> ss

と入力します*1。結果は以下の通り(抜粋)。

osgi> ss

Framework is launched.

id	State       Bundle
0	ACTIVE      system.bundle_3.1.2
1	ACTIVE      org.eclipse.core.runtime_3.1.2
	            Fragments=34, 52
2	ACTIVE      org.eclipse.update.configurator_3.1.0
	            Fragments=80
23	ACTIVE      org.eclipse.core.expressions_3.1.0
81	RESOLVED    org.eclipse.update.core_3.1.2
	            Fragments=82, 83
82	RESOLVED    org.eclipse.update.core.nl1_3.1.1
	            Master=81
83	RESOLVED    org.eclipse.update.core.win32_3.1.0
	            Master=81
84	RESOLVED    org.eclipse.update.ui_3.1.1
	            Fragments=85
85	RESOLVED    org.eclipse.update.ui.nl1_3.1.1
	            Master=84
86	RESOLVED    org.junit_3.8.1

ACTIVEやRESOLVEDなど、プラグインのリストとそのステータスが表示されます。

あるプラグインを起動する。

上の例で例えばorg.junit_3.8.1を起動したい場合は

osgi> start 86

とします。もう一度リスト表示してみると

86	ACTIVE      org.junit_3.8.1

となってACTIVEになりました。停止するには

osgi> stop 86

ですね。

その他

全部調べてませんが、とりあえず以下のコマンドがあるみたい。

---Eclipse Runtime commands.---
	diag - Displays unsatisfied constraints for the specified bundle(s).
	active - Displays a list of all bundles currently in the ACTIVE state.
	getprop { name } - Displays the system properties with the given name, or all of them.
Valid commands:
---Controlling the OSGi framework---
	launch - start the OSGi Framework
	shutdown - shutdown the OSGi Framework
	close - shutdown and exit
	exit - exit immediately (System.exit)
	gc - perform a garbage collection
	init - uninstall all bundles
	setprop <key>=<value> - set the OSGi property
---Controlling Bundles---
	install - install and optionally start bundle from the given URL
	uninstall - uninstall the specified bundle(s)
	start - start the specified bundle(s)
	stop - stop the specified bundle(s)
	refresh - refresh the packages of the specified bundles
	update - update the specified bundle(s)
---Displaying Status---
	status - display installed bundles and registered services
	ss - display installed bundles (short status)
	services {filter} - display registered service details
	packages {<pkgname>|<id>|<location>} - display imported/exported package details
	bundles - display details for all installed bundles
	bundle (<id>|<location>) - display details for the specified bundle(s)
	headers (<id>|<location>) - print bundle headers
	log (<id>|<location>) - display log entries
---Extras---
	exec <command> - execute a command in a separate process and wait
	fork <command> - execute a command in a separate process
---Controlling Start Level---
	sl {(<id>|<location>)} - display the start level for the specified bundle, 
 or for the framework if no bundle specified
	setfwsl <start level> - set the framework start level
	setbsl <start level> (<id>|<location>) - set the start level for the bundle(s)
	setibsl <start level> - set the initial bundle start level
------Controlling the Profiling------
	profilelog - Display & flush the profile log messages

---Controlling the Console---
	more - More prompt for console output

config.iniについて

RCP Tutorial: Part 1にあります通り、OSGi Frameworkはconfig.iniでコンフィギュレーションするみたいです。しらなかった。。


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 4  
そうでもない 0  

Top / Eclipse / プラグイン開発のTIPS集 / OSGiのコマンドラインを使う

現在のアクセス:13105


*1 プロンプトに対する入力は緑字になります

添付ファイル: filerun.png 734件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-20 (金) 15:47:01 (2246d)