Top / Eclipse / プラグイン開発のTIPS集 / オンラインアップデートの話

オンラインアップデート

Eclipseはサーバに置いたプラグインをダウンロードし、アップデートことができますが、ダウンロードできるプラグインはサーバにあるsite.xmlの内容で制御されています。たとえば、こんな感じです。

  • site.xmlのサンプル
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <site>
       <feature url="features/nu.mine.kino.plugin.google_1.0.6.jar" 
                   id="nu.mine.kino.plugin.google" version="1.0.6">
          <category name="google"/>
       </feature>
       <feature url="features/nu.mine.kino.plugin.google_1.0.7.jar"
                   id="nu.mine.kino.plugin.google" version="1.0.7">
          <category name="google"/>
       </feature>
       <feature url="features/nu.mine.kino.plugin.google_1.0.9.jar"
                    id="nu.mine.kino.plugin.google" version="1.0.9">
          <category name="google"/>
       </feature>
       <category-def name="google" label="Google Plugin"/>
    </site>
    

ダウンロードできるプラグインの制御

さて、RCPで普通のアプリを作る場合、あるユーザはhogehogeプラグインのみ使用可能、で特定のユーザはさらにfugaプラグインも使用可能にする、なんてことをやりたいですね。しかしsite.xmlは通常静的なファイルであること、さらにsite.xmlをServletなどで動的に生成し、パラメータによってsite.xmlの内容を切り替えるなんてことをやったとしても、アップデートサイトへのリクエスト(HTTP)にパラメタを載せる方法がわかりませんでした。 まあサーバ側はIPアドレスとかで判断することもできなくないですが、あんまりエレガントではないですね。

そこでこんな感じ

そこでEclipseの更新UIではなくて、自分でアクションを作成し、アップデートサイトにアクセスするコードを作ってみました。

BusyIndicator.showWhile(window.getShell().getDisplay(), new Runnable() {
  public void run() {
    logger.debug("run() - start");
    // UpdateManagerUI.openInstaller(window.getShell());

    UpdateJob job = new UpdateJob("Search for new extensions.",
        getSearchRequest());
    UpdateManagerUI.openInstaller(window.getShell(), job);
    logger.debug("run() - end");
  }

});

private UpdateSearchRequest getSearchRequest() {
  URL url = null;
  try {
    url = new URL("http://hogehoge.com/site.xml");// <-site.xmlのURL
  } catch (MalformedURLException e) {
    e.printStackTrace();
  }
  UpdateSearchRequest result = new UpdateSearchRequest(
      UpdateSearchRequest.createDefaultSiteSearchCategory(),
      new UpdateSearchScope());

  result.addFilter(new BackLevelFilter()); <-よくわからん
  result.addFilter(new EnvironmentFilter()); <-よくわからん

  UpdateSearchScope scope = new UpdateSearchScope();
  scope.addSearchSite("HogeApp Site", url, null);
  // scope.addSearchSite("aaa", url, null); 複数追加すると複数サーチする

  result.setScope(scope);
  return result;

}

これえURLを指定できるので、このパラメタにユーザIDみたいな情報を載っければいいわけですね。でも、

  • アップデートサイトのURLがプログラムに書かれてしまって、すでにインストールされているフィーチャーのサイトを見てくれるのかわかんない。
  • 自動更新とかを有効にしても、上のURLのチェックはしてくれないだろう

などなどの問題が残りますね。。。


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 3  
そうでもない 0  
  • あいかわらず、じかんねー -- きの? 2006-08-24 01:32:11 (木)
  • 貴重な情報、ありがとうございます。現行の3.3の場合、更新ダイアログが英語なんですよね。何とか日本語化するか、自動更新(指定のURLを見て新しかったら更新してしまう)にしたいのですが……どうも難しそうですね http://kickjava.com/src/org/eclipse/update/ui/UpdateJob.java.htm -- 通りすがりの傭兵? 2008-03-18 (火) 13:44:15
  • ↑Pleiades入れればいいんじゃん……orz お騒がせしました -- 通りすがりの傭兵? 2008-03-21 (金) 10:57:07

Top / Eclipse / プラグイン開発のTIPS集 / オンラインアップデートの話

現在のアクセス:8966


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-29 (火) 11:48:26 (3615d)