Top / AWS / Amazon RDS for SQL Serverを試す

ちょっとMicrosoft SQL Serverを使う必要があって環境を作ろうとしていたのですが、EC2のSQL Server込みWindows Serverには無料枠がなさそうで。。探してたら、どうやらAmazon RDS のSQL Server Express だと1年の無料枠に入ってるようなので使ってみました。

そのときの作業メモ。。

やってみた

AWSにログイン後、 Relational Database Service >> DBインスタンスの起動 を選択。下記の画面で「SQL Server Express」を選択します。

01.png

「DBの詳細の指定」画面では、インスタンスのサイズを選択したり、インスタンスの識別名(一覧されるときの名前です)、SQL Serverにアクセスするためのアカウント名とパスワードを設定します。

02.png

「詳細設定」画面では、SQL Serverのインスタンスに外から接続可能にするかの「パブリックアクセス可能」設定や(いいえにすると、SQL ServerにPublic IPを割り当てないっぽい)、そのSQL Serverが属するセキュリティグループの指定などを行います。

03.png

上記で「DBインスタンスの作成」ボタンをクリックすることで完了です。下記の通り、作成されたSQL Serverの情報を見ることができます。

04.png

この例だと、

SQL Serverに接続するサーバ名instance0001.c4h1h0lnvmcu.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com
ポート番号1433
アカウントadmin
パスワード設定したもの

となります。実際にSSMS(Microsoft SQL Server Management Studio) などで接続できると思います。

ちなみにSSMSはこちらからダウンロード可能です

SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード | Microsoft Docs

関連リンク


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  
  • デフォルトだと2018/02/12時点 SQL Server 2016 13.00.4451.0.v1 が選択されますが、UiPath Orchestratorのバックエンド SQL Serverとして普通に動作しました。(アカウントは追加しておらずadminをそのまま設定しましたが。) -- きの? 2018-02-12 (月) 16:58:52

Top / AWS / Amazon RDS for SQL Serverを試す

現在のアクセス:629


添付ファイル: file04.png 163件 [詳細] file03.png 171件 [詳細] file02.png 159件 [詳細] file01.png 167件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-12 (月) 17:01:24 (551d)