Top / AWS / IAM管理者ユーザとグループ作成

最初の IAM 管理者のユーザーおよびグループの作成 - AWS Identity and Access Management

コレに則ってユーザを作成する手順を整理しておきます。

基本的にはルートのユーザを直接使うのではなく、AdministratorAccess?のポリシー(権限?)をもったグループを作成して、そこに属するユーザを使いなさいって話し。

っていうかベストプラクティスをしらべて一通り画面キャプチャ取った後、このページでほぼOKじゃん、、って後から気がつきました、、、orz。。

上部メニュー >> セキュリティ認証情報を選択

01.png

ユーザーを追加

02.png

ユーザ名を入力するほか、プログラムから使用する時に使うアクセスキー・シークレットを設定するか、あとはコンソール画面を使用するためにパスワードを設定するか、などを指定します。

03.png

まだグループを作成していない場合は、このユーザが属するグループを新規作成します。

04.png

グループ名にはadministratorsとつけて、ポリシーのリストにある「AdministratorAccess?」にチェックをつけて「グループの作成」を選択します。

05.png

作成中のユーザをそのグループに参加させるため、administratorsにチェックを入れます。

06.png

最終確認画面が表示されるので、OKなら「ユーザの作成」を選択します。

07.png

お疲れ様でした。

ちなみにIAMユーザはデフォルトでは請求情報画面などが参照できないのですが、参照できるようにするには、上部メニュー >> アカウント の画面で、「IAM ユーザー/ロールによる請求情報へのアクセス」の「編集」を選択、IAMアクセスのアクティブ化 にチェックを入れておけばOKです。


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  

Top / AWS / IAM管理者ユーザとグループ作成

現在のアクセス:390


添付ファイル: file07.png 122件 [詳細] file06.png 118件 [詳細] file05.png 113件 [詳細] file04.png 113件 [詳細] file03.png 120件 [詳細] file02.png 119件 [詳細] file01.png 117件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-12 (月) 19:58:43 (637d)