RedhatをCVSサーバにする

CVSはrpmなどでセットアップ済みと仮定する。
ここでは例によってRedhat8.0を使用した。

環境

OSRedhat Linux 8.0
IP192.168.10.3
CVSルート/opt/cvsroot

だと仮定して記載します。

ディレクトリ作成

mkdir /opt/cvsroot

ディレクトリの初期化

cvs -d /opt/cvsroot init

xinet.d用起動ファイルの作成

/etc/xinet.d/cvspserver

というファイルを作成
内容:

service cvspserver
{
	socket_type = stream
	wait = no
	protocol = tcp
	user = root
	server = /usr/bin/cvs
	server_args =-f --allow-root=/opt/cvsroot pserver
	disable = no
}

稼働確認

cvs -d ':pserver:root@localhost:/opt/cvsroot' login
cvs -d ':pserver:root@localhost:/opt/cvsroot' logout

CVS管理ユーザ・CVSアクセスユーザの作成

GUIツール等でグループとユーザ作成

グループユーザ
cvsadminrootのみ
cvsuserscvsuser

もしくは

# groupadd cvsusers
# useradd cvsuser -g cvsusers
# groupadd cvsadmin
# usermod -G cvsadmin root
# passwd cvsuser
Changing password for user cvsuser.
New password:

ディレクトリのオーナ等変更

chown -R root:cvsusers /opt/cvsroot
chmod 775 /opt/cvsroot

xinetdの再起動

/sbin/service xinetd restart

ログイン方法

cvs -d ':pserver:cvsuser@192.168.10.3:/opt/cvsroot' login <- ローカル

毎回ログインするのは面倒なので

export CVSROOT=/opt/cvsroot <- ローカル
export CVSROOT=:pserver:cvsuser@192.168.10.3:/opt/cvsroot <- リモート(確認中)

ちなみに

ちなみに、Eclipseでキーワード変換($Id$)を使いたい場合は、

Window >> 設定 の
チーム >> CVS 内で -kkv

を指定する。


現在のアクセス:17887


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS