静的なhtmlはそのまま処理する

Google App Engineのサイトの設定は、app.yaml という設定ファイルに記述されています。このファイルを見てみると

handlers:
- url: .*
  script: main.py

となっていて、基本的に全てのファイルをmain.pyが処理する、となっています。このファイルを修正することで静的なファイルはそのまま表示するなどの設定をすることができます。具体的には以下の通り:

handlers:

- url: /
  static_dir: html

- url: .*
  script: main.py

このように記述しておいて、で静的なファイルは全てhtmlというディレクトリ配下に置くようにします。これで静的なファイルはhtmlというディレクトリ内にアクセスされるようになります。たとえば

http://[hogehoge].appspot.com/fuga.html

というアクセスは

html/fuga.html

へのアクセスと見なされるという具合です。

アプリケーションを独自ドメインで運用する

Google Appsで、独自ドメインで運用している場合は、アプリケーションを独自ドメインで公開することも可能です。

http://[hogehoge].appspot.com/fuga.html

へのアクセスを

http://[独自ドメイン]/fuga.html

てできるって事ですね

Google App Engine について - Google Apps ヘルプ

基本的にGoogle Apps側で追加したいGoogle App EngineのAppIDを指定して「今すぐ追加」を押下すればOKのようです。認証が動いて、後はほかのGoogle AppsのアプリのURLを設定するのと同様の手順でURLを指定できます。


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  

現在のアクセス:1631


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-08 (水) 08:40:57 (3262d)