Top / WebSphere / JMS

Rational Application Developer 6.0(RAD)上で稼働する、WAS5.0テスト環境で、JMSを使ってみました。

テスト環境上に、キューと、ConnectionFactory?と、Queueエントリーを作成する。

具体的には

となります。

RAD上では管理コンソールではなく、RAD内のエディタで環境設定を行うことができます。 エディタのJMSタブ内で、以下のように設定しました。

editor.png
キュー名JMSSampleQ
JMSプロバイダJava開発者用MQシミュレータ
WASQueueConnectionFactory?名前JMSSampleCF
JNDI名jms/JMSSampleCF
WASQueueエントリー名前JMSSampleQ
JNDI名jms/JMSSampleQ
※WASQueueエントリーの名前はキュー名と同じにする

web.xmlにresource-refでJNDIを指定。

コーディング。キューの取得や、メッセージの送信・受信

Message Driven Beanを使う

関連リンク


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 1  
そうでもない 0  

Top / WebSphere / JMS

現在のアクセス:11779


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS