Top / Raspberry Pi / Amazon Dash Buttonのハック

Node.jsの環境構築

Raspberry Pi に node.js v6.9.1 がインストールされてる環境で試してます。インストールまではこんな感じ。

$ sudo apt-get install -y nodejs npm
$ node --version
v0.10.29

$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install n -g
/usr/local/bin/n -> /usr/local/lib/node_modules/n/bin/n
n@2.1.4 /usr/local/lib/node_modules/n
$ sudo n 6.9.1
$ node --version
v6.9.1

$ sudo apt-get install libpcap-dev

いったん環境は整いました。

dash-buttonのセットアップ

Dash Button for Node をインストールします。基本的にサイトに則って、

npm init

で適当にパッケージを作成し、

npm install --save dash-button

ってやってインストール完了。

$ sudo npm run scan

ってやると同一ネットワーク上のボタンを探しに行きます。

pi@raspberrypi:~/adb $ sudo npm run scan

> adb@0.0.0 scan /home/pi/adb
> dash-button scan

Scanning for DHCP requests and ARP probes on wlan0...
Detected a DHCP request or ARP probe from xx:xx:xx:xx:xx:xx
Detected a DHCP request or ARP probe from xx:xx:xx:xx:xx:xx

ボタンを押すと、ボタンがLANに接続しに行った結果、MacアドレスがLANを流れます。上記のようになれば、環境としては完成っぽいですね。

Amazon Dash Button ボタンのクリックに反応するサンプル

$ cat index.js
const DashButton = require('dash-button');
const DASH_BUTTON_MAC_ADDRESS = 'xx:xx:xx:xx:xx:xx'; // 小文字で。
 
let button = new DashButton(DASH_BUTTON_MAC_ADDRESS);

console.log('listen...');

let subscription = button.addListener( () => {
  console.log('Clicked..'+ new Date());
});

$ sudo node index.js

ボタンのクリックでコンソールに文字が表示されるサンプルです。

Hello.png

関連リンク


この記事は

選択肢 投票
おもしろかった 3  
そうでもない 0  

Top / Raspberry Pi / Amazon Dash Buttonのハック

現在のアクセス:682


添付ファイル: fileHello.png 42件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-13 (土) 15:30:24 (16d)